Cool Recovery Cool Recovery

Cryo Therapy®︎
クライオセラピー®︎

Cryo Therapy®︎
クライオセラピー®︎

Cryo Therapy®︎
Cryo Therapy®︎

私達の身体は日々の食べ物や飲み物、トレーニング、電磁波などにより常に炎症を引き起こし体に損傷を与え、老化を加速させています。 クライオセラピー®はそんな炎症をすばやく取り除き、健康な筋肉と活気のある肌をもたらす実証済みの凍結療法のことを表します。

クライオセラピー®︎は、体を超低温で全身を急速に冷やすプロセスであり、世界の一流アスリートやハリウッドセレブの間で人気が拡がりました。なぜアスリートはこの治療法を好むのか、主な理由はプロセスが非常に最速であるということです。
クライオセラピー®︎は氷浴で20分間過ごす代わりに、体は濡れず1日のトレーニングからの回復時間は僅か3分しか要しません。
超低温のアイスサウナに足を踏み入れると、新陳代謝が促進され、筋肉痛からの早期回復、倦怠感との闘い、ストレスの緩和、血液循環が改善され、体のコラーゲン生成が増加し、肌が若返り、莫大なカロリーを消費するため体重減少の促進をサポートします。また世界を飛び回る忙しいビジネスマンの間ではジェットラグ(時差ボケ)早期回復のためにも活用されています。

こんな方におすすめ

  • #リカバリー
  • #代謝UP
  • #ストレスの減少
  • #炎症を抑える
  • #若返り
  • #時間がない
  • #メンタルUP
  • #痛みなし
  • #ダウンタイムなし

クライオキャビンの中に入っている時間はわずか2~3分間程度です。 但し心臓病や高血圧、脳の血管に疾患がある場合はクライオセラピーをご利用できません。

Service
サービス

CRYO THERAPY®︎ CRYO THERAPY®︎

クライオセラピー®︎

液体窒素を使用して超低温アイスサウナで全身の冷却を行う最新の健康美容です。
℃RYO TOKYO®︎NEO(別館)では日本で初めて米国直輸入の世界最新型のアイスサウナを導入しています。

Compression Therapy Compression Therapy

加圧(コンプレッション)セラピー

加圧(コンプレッション)セラピーは非接触型で米国で大人気のトリートメントです。
空気の圧を血管に加える事で、主に足の血流とリンパの流れを促進することに役立ちます。
クライオセラピー®︎との相乗効果で更に時短で疲労成分が素早く体外へ排出されます。
加圧セラピーを受けた後、頻尿になる場合がございますがデトックス効果は抜群ですので当日は水分を小まめに補給してください。リンパマッサージの代替品として海外では多くのアスリートやビジネスマン、モデルが個人所有している大人気アイテムです。当サロンでは日本で唯一の最新セットを取り揃えております。
こちらのメニューはNEOライト、クライセラピー®︎やクライオスキン®︎を受けた方のみ当日追加オプションで購入できる特別メニューです。
※25分、50分と時間を選択いただけます

How to Use
ご利用方法

1. 初回ご来店時に血圧測定、問診票のご記入

2. カウンセリング後メニューの決定

3. 更衣室で衣服を脱いで下着の上からサロンの専用ガウンを羽織る。女性は金具付きブラジャーを外し専用の保護ブラジャーと保護ショーツを着用する(下着をつけていない方は紙ショーツを必着)

4. 汗・塗りたてのボディクリームやオイルなどは凍傷予防のため事前にペーパータオルで拭き取り肌や下着が濡れていない状態でガウンを羽織る

5. 専用の靴下、ブーツを着用してアイスサウナの前に移動する

6. アイスサウナに入りドアが閉まったらガウンを脱いでセラピストに渡す。その際専用の手袋を着用する

7. 冷気が出始めたら呼吸を忘れずにアイスサウナ内では足踏みをしたり体を左右に回転させる。クライオセラピー®︎のトリートメント時間は最大3分で終了

何かご質問がありましたら、FAQをご覧ください。

Consulting Doctor
顧問ドクター

当協会/顧問ドクター
メディカルクリニック広尾
院長 諏訪美智子先生
渋谷区広尾にて日本で数少ないアメリカの小児科専門医の資格を持ち、現在世界60カ国以上の患者様を治療しています。
(海外渡航PCR検査、小児科、内科、皮膚科、アレルギー科)

【資格・免許】
・日本医師免許
・カナダ 医師免許(FLEX合格)
・アメリカ 小児科学会認定専門医
・アメリカ 小児科アカデミー会員
・カリフォルニア州及びイリノイ州 医師免許
・ハーバード大学医学部のオンラインコースImmunlogy(免疫学) 修了
・ハーバード大学医学部のオンラインコースCancer Genomics and Precision Oncology

【主な所属団体及び役職】
日本女医会 会員
アメリカ小児科学会 会員
アメリカ小児科アカデミー 会員
日本渡航学会 会員
(一財)日本クライオ療法推進協会理事